フェイスリフトで新しい自分に生まれ変わりました

若いころからお肌のケアが苦手

若いころからお肌のケアが苦手たるみにはいくつかの種類がある若いころに戻ったようなデートを楽しみました

若いころからお肌のケアが苦手で、年を重ねるとともに少しずつ顔全体がたるんでしまったのが長年の悩みでした。
たるみに良いとされる美容法や商品などもいろいろ試してみたものの、悩みの種である肌のたるみ、ゆるみはなかなか改善されません。
たるみがあると顔が太って見えますし、全体の雰囲気も年老いて見えます。
同じ年代の友人たちと比べてもおばあちゃんに見えるのがコンプレックスで、外出や遊びに行くのも億劫になるほどでした。
そんな私に友人が勧めてくれたのがフェイスリフトです。
正直なところ手術には抵抗があり、本当に効果があるのかも最初は疑ってしまうのも無理はないことでしょう。
しかし、先生の話を聞いているうちに悩みを解決するためにやってみようと、自分の中で少しずつ決意が固まっていきました。
私の場合、フェイスリフトの傷跡はほとんど髪に隠れてしまい、見た目には判らないだろうと思えたのも決意できた理由の一つです。
女性なら誰でも顔に傷が残るのは避けたいものだと思います。
ですが、髪に隠れてしまうなら気にならないでしょうし、それよりもたるみの改善で顔全体が若返るならぜひやっていたいと思うようになりました。